風俗で2回戦の申し入れ

恋人がいたんですけどね…

恋人がいれば普通は風俗のお世話になるようなことはないと思いますけど、自分はそうではなかったんです。むしろ風俗に頻繁に通うようになりました。と言うのは恋人はフェラが嫌いだったんです。もっと言えば、行為そのものもあまり好きではないと。だから必要最小限。しかも義務感丸出しというか(苦笑)あれでは自分自身、あまり良い気持ちにはならないですよね。それでもういいかなって気持ちになっちゃったんです。性的なこと以外は結構フィーリングも合うので、彼女にはこれから性的なこと以外で満たしてもらおうと。そして、性的なことは風俗で満たしてもらおうって決めたんです。だから彼女に体を要求することはなくなりました。それはすべて風俗で発散することになりましたから(笑)でも、それでいいのかなって思っています。彼女相手には言えないようなことでも、風俗嬢にはリクエスト出来るんです。そして、快感を思う存分追求出来る時間は幸せそのものですよ。

楽しみをより増幅させるために

風俗はとっても楽しいと思いますけど、更にその楽しさを膨らますためにはイマジネーションですよね。イマジネーションを膨らませることが大切ですけど、じゃあどうやってイマジネーションを膨らませるのかって言ったら、それなりに情報を見ておくことですね。例えばホームページ。風俗店のホームページを見ればそこには多くの女の子が掲載されていますが、それらを見てイマジネーションを膨らませるんですよ。「この子とはどんな時間になるのかな」というイマジネーション。これを膨らませて、そこでマッチするなって思った女の子を指名するようにしているんです。もちろん必ずしもイメージした通りの時間になるとは思いませんけど、やっぱり風俗ではもっといろいろなことをって気持ちもあるので、イメージしつつ、自分がピンと来た女の子を指名して楽しませてもらっていますね。見ているだけで想像力が膨らんで、勝手に興奮しちゃうような子こそ、求める風俗嬢です。